• 高田馬場
    徒歩1分
  • 土日診療
  • 日帰り
    内視鏡
キャッチ画像

女性医師のご紹介女性医師のご紹介

原 裕子 (はら ゆうこ)先生

慈恵医大第三病院内視鏡部勤務

経歴

東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座所属

所属学会(資格)

女性医師からの一言

患者様にとって「苦しくない」「痛くない」検査を提供できるよう努めております。少しでもきになる点がある方はご相談ください。

下山 慶子 (しもやま けいこ)先生

慈恵医大葛飾医療センター内視鏡部勤務

経歴

東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座所属

所属学会(資格)

女性医師からの一言

患者様に寄り添い、出来るだけ苦痛の少ない内視鏡を心がけています。ぜひお気軽にご相談下さい。

女性医師による内視鏡検査

男性医師による内視鏡検査(胃カメラ検査・大腸カメラ検査)に抵抗があるという女性は少なくありません。特に大腸カメラは肛門から内視鏡を挿入するため、男性医師の検査では羞恥心を感じる方が多いでしょう。
当院では、可能な限り患者様がストレスなく、胃カメラ・大腸カメラ検査を受けることができるように、女性医師による内視鏡検査の選択が可能です。これまで、恥ずかしさやストレスからくる抵抗感から、内視鏡検査を敬遠されていた方もお気軽にご相談下さい。

このような方はぜひ女性医師による内視鏡検査をお受け下さい

  • 男性医師に検査をされるのは恥ずかしい
  • 同性の女性医師に質問や相談がしたい
  • 男性医師の検査にストレスを感じる
  • 女性医師に診てもらう方が安心ができる

上記のように感じる女性患者様は一定数いらっしゃるのでははないでしょうか。当院ではそのような女性患者様でも安心して検査を受けて頂ける環境を整えておりますので、まずは一度お問い合わせ下さい。

当院の内視鏡検査の特徴

当院では胃カメラ検査・大腸カメラ検査を実施しており、「痛くない、苦しくない内視鏡検査」を提供できるよう心掛けております。 より多くの方に、安心して検査を受けて頂くことで、胃がんや大腸がんの予防や早期発見につながると考えています。そのため当院では、患者様の安心・安全を第一に考慮し、様々な工夫を凝らした専門医による内視鏡検査を実施しております。
当院の胃カメラ、大腸カメラのそれぞれの特徴については、こちらからご覧ください。

女性も安心!プライバシーに配慮した空間

大腸カメラ検査の前処置として、腸内を綺麗にするために下剤を服用する必要があります。当院では、下剤の服用を個室で行うことができます。この個別ブースは完全個室ですので、他の患者様と顔を合わすことはありません。
患者様のご自宅での下剤服用を実施するクリニックも多いですが、当院では院内での服用をお薦めしております。院内で服用した場合、看護師がサポートしますので、患者様のご不安やご質問に対応することができます。そのため、より快適で、より安心・安全な下剤服用を実現することができます。

また、院内では女性患者様専用のお手洗いを用意しているため、男性と同じお手洗いを使用頂くことはありません。
このように、当院では女性患者様のプライバシーに配慮した空間設計に行っているため、女性患者様も安心してご来院下さい。