• 高田馬場
    徒歩1分
  • 土日診療
  • 日帰り
    内視鏡
キャッチ画像

腸閉塞

腸閉塞とはさまざまな原因で腸管の内容物がつまり、肛門側に移動できなくなった状態のことをいい、別名「イレウス」ともいいます。

腸閉塞は、腸管の内容物が物理的に閉塞している機械性イレウスと、腸管の動きや血流や神経の障害での問題で内容物が流れない機能性イレウスに分類されます。
機械性腸閉塞には腸管の血流が悪くならない単純性腸閉塞と、腸管の血流が悪くなる複雑性(絞扼性)腸閉塞とに分類されます。

腸閉塞の原因

機械性イレウスの原因としては、術後の癒着や腫瘍、炎症や異物などがあげられます。

さらに機械性イレウスは、血流障害の有無で2つに分類されます。
血流障害のない「単純イレウス」と、血流障害を伴う「絞扼性イレウス」です。

腸閉塞の症状

腸閉塞の症状としては、まずは腹部膨満と嘔気・嘔吐です。そして排ガスの停止や腹痛も認めます。
絞扼性イレウスの際には、腹痛の程度が重く、それに加えて冷汗なども認め顔面も蒼白になることもあります。
腸管が壊死に至れば、板のように腹部が硬くなり腹痛も増悪します。

腸閉塞の検査

最も使用される検査は腹部のレントゲンです。
しかし、腸閉塞により拡張した腸管を検出するにはベッドサイドでもすぐに行うことができる腹部エコーが非常に有用です。

また絞扼性イレウスを少しでも疑えば、造影剤を使用したCTを撮影することになります。腹部造影CTは腸管の虚血状況の評価のみではなく、腸閉塞の原因の特定にも有用とされます。

腸閉塞の治療法

絞扼性イレウスであると診断した場合は、緊急手術です。
また単純性イレウスの場合は、入院して頂き点滴で治療します。

胃に管を入れる(胃管)、または上部空腸までチューブを挿入する(イレウス管)などを行い、腸管の内容物を口から外に出す処置も行います。
チューブで減圧することにより、イレウスが解除し排ガスや排便が再び始まることもあります。
保存的な治療に反応しない場合や、絞扼性イレウスに移行した場合は手術を行うことになります。
再発率は報告によってまちまちですが、16-42%とされています。
また手術を行っても、チューブで改善しても、その後の腸閉塞の再発率は変わらないことも分かっています。

院長メッセージ

激し腹痛や嘔吐を繰り返すなどの消化器系の症状は、とにかく早期発見・早期治療が重要です。仕事や家事、学業などが忙しいことを理由に症状を放置しないでください。忙しい方でも通いやすいよう高田馬場駅前おだぎ内視鏡・消化器内科は、平日20:00まで、土日もやっておりますので、自分の体を大切にしましょう。