• 高田馬場
    徒歩1分
  • 土日診療
  • 日帰り
    内視鏡
キャッチ画像

慢性胃炎

慢性胃炎について以前は「上腹部の不快な症状」に対して「慢性胃炎」という病名が頻繁に用いられていました。
具体的には、上腹部痛、上腹部不快感、悪心・嘔吐、胸やけなどの症状です。
「いわゆる慢性胃炎」と呼んでいた病気です。

しかし最近は内視鏡検査(胃カメラ)で確認される、萎縮性胃炎や肥厚性胃炎、腸上皮化生のことを総称して、「慢性胃炎」と呼びます。これには症状の有無は問いません。

「いわゆる慢性胃炎」と、今の医療者が使用する「慢性胃炎」は違うのです。

以前の「いわゆる慢性胃炎」には「症状としての胃炎」「内視鏡所見の上での胃炎」「組織学的変化としての胃炎」の3者が混ざっていました。

現在の「慢性胃炎」は「内視鏡所見の上での胃炎」「組織学的変化としての胃炎」を指すようになってきています。

「症状としての胃炎」「いわゆる慢性胃炎」は胃食道逆流症(GERD)や機能性消化器疾患(機能性ディスペプシアや過敏性腸症候群など)などに診断され、治療が行われるようになっています。

慢性胃炎の原因

大きくはピロリ菌による慢性胃炎(B型胃炎)と、自己免疫機序による慢性胃炎(A型胃炎)に分けられます。

ピロリ菌の感染などが原因で慢性胃炎になり、それが長期化すると、胃の粘膜が委縮して「萎縮性胃炎」という状態になります。さらに胃の粘膜の萎縮が進行すると、大腸や小腸の粘膜に似た状態となり、「腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)」が起こる場合があります。そして腸上皮化生の一部ががん化して、胃がんを発症させると考えられています。

慢性胃炎の症状

慢性胃炎特有の症状はなく、内視鏡検査によって慢性胃炎と診断されたにもかかわらず、半数近くの人は無症状ですが、主な症状としては、上腹部痛、上腹部不快感、悪心・嘔吐、胃痛、胃が重い、胃がむかつく、胸焼け、吐き気、腹部の張り、食欲不振、などが挙げられます。

慢性胃炎の治療法

慢性胃炎の治療はピロリ菌の除菌療法が基本となります。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌を除菌するために、除菌剤や胃の炎症を抑制するお薬などを服用します。1日2回の服用を1週間継続します。なお、内視鏡を使ったピロリ菌検査により、慢性胃炎と診断された場合には、2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。

ピロリ菌検査について

薬物療法

患者様の症状に応じて、胃酸の分泌を抑えるお薬や、胃の粘膜を保護するお薬などを処方します。市販薬で改善する方もおられるかと思いますが、胃がんなどでも同じような症状が現れるため、きちんと病院で検査・治療を受けられることをおすすめします。

食事療法

酒、コーヒーなどの嗜好品、唐辛子などの香辛料で刺激の強い食品、温度差の大きい食品を避けましょう。

慢性胃炎の検査方法

慢性胃炎に対しては、内視鏡検査(胃カメラ)を実施して、胃の粘膜の状態を詳しく確認します。胃の粘膜で萎縮が起きていると、そこから胃がんが発生する場合もありますので、きちんと検査を受けて、早い段階で治療しておくことが重要となります。

当院の内視鏡検査

当院は内視鏡・消化器内科として、患者様に安心安全で良質な内視鏡検査を提供できるよう、日々研鑽を積んでおります。当院の院長はピロリ菌の専門医である「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医」です。ピロリ菌が気になる方や、内視鏡検査を受けることを検討されている方は、お気軽にご相談下さい。

胃カメラ検査について

院長コメント

高田馬場駅前おだぎ内視鏡・消化器内科では消化器系を専門とする院長が検査・診察を行なっております。検査においては、内視鏡検査から内視鏡を使用しない尿素呼気検査でのピロリ菌検査も行っています。
ピロリ菌を放置していると胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんの発症リスクが高くなります。これらの発症を抑えるためにも早期での治療をお勧めします。少しでも胃炎や嘔吐、胸やけなどの症状を感じた方はご遠慮なくお問い合わせ・ご来院くさい。