• 高田馬場
    徒歩1分
  • 土日診療
  • 日帰り
    内視鏡
キャッチ画像

内視鏡検査内視鏡検査

icon 大腸カメラ検査

下記に該当する方は大腸カメラ検査を受けましょう

  • 便潜血検査で陽性反応が出た
  • 便に血液が混ざっていた
  • 便に白い粘液が絡まっていた
  • 排便後の便器が血液で赤く染まっていた
  • 肥満体質である
  • 体重が急激に減少している
  • 運動不足である
  • 偏食生活が続いている
  • 長期間、腹部膨満感がある
  • 親族に大腸がんに罹患した方がいる
  • 大腸内視鏡検査を受けた経験が無い

これらに該当する方は、大腸に何らかの疾患を抱えている、もしくは大腸ポリープが存在している可能性があります。疾患を早期発見し、適切な治療を行うためにも、大腸内視鏡検査を受けましょう。特に、血便が出ている方や、便潜血検査で陽性反応が出た方は注意が必要です。近年では若年層での<大腸がん>発症例が増加しているため、「自分はまだ若いから大丈夫だろう」と楽観視することは危険です。消化器症状や生活習慣に少しでも心当たりのある方は、まずは医療機関を受診されることをお勧め致します。

icon大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは肛門から細いスコープ(内視鏡)を挿入し、大腸内を観察する検査です。スコープに搭載されているカメラを通して医師が直接大腸内を観察するため、「どのような異変がどこに起きているのか」を正確に把握することが可能です。また、大腸カメラ検査でポリープが見つかった場合には、その場で切除を行うこともできます。

大腸カメラ検査は肛門からスコープを挿入するため、羞恥心を持たれる方も多くいらっしゃいます。この羞恥心や「痛そう、苦しそう」というイメージによって、大腸カメラ検査の受診率はまだまだ低い現状にあります。
当院ではそのような羞恥心や不安を抱えていらっしゃる患者様にも安心して検査を受けて頂けるよう、様々な工夫を行っております。「大腸カメラ検査を受けたいけど、怖くて受けられない・・・」、「検査を受けることが恥ずかしくて病院に行きたくない」という方は、まずは一度当院にてお気軽にご相談下さい。

icon当院の大腸カメラ検査の強み

①鎮静剤を使用した痛くない大腸カメラ検査

当院では大腸カメラ検査の際に鎮静剤を使用します。鎮静剤を使用することによって、ほぼ眠った状態で検査を受けることが可能です。そのため、痛みや苦痛を感じることなく、「気付いたら検査が終わっていた」という感覚で検査が終了します。

②院内で下剤服用可能

大腸カメラ検査を行う際には、事前に大腸内を綺麗にする必要があるため、数時間かけて下剤を服用して頂きます。大腸カメラ検査を受けたことがある方は、この下剤の服用に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。当院では下剤を院内で飲めるスペースを完備しているため、何かあった際には看護師や医師をすぐに呼べる環境で下剤を飲むことが可能です。

③最新機器完備

当院では良質な内視鏡検査をお届けするために最新の医療機器を完備しています。より安心・安全な大腸カメラ検査に努め、患者様に満足してお帰り頂けることを第一に考えております。

④安心の専門医対応

当院の内視鏡検査は内視鏡専門医である小田木院長が基本的に担当します。豊富な実績から蓄積された技術と知識を用いて、患者様に良質な内視鏡検査を提供します。女性医師による検査も可能ですので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

⑤土日でも大腸カメラ検査が可能

当院では土曜日や日曜日も大腸カメラ検査を行っています(完全予約制)。平日はお仕事が忙しく検査を受けることが難しい方でも、休日である土曜日・日曜日を利用して大腸カメラ検査をお受け下さい。

icon大腸カメラ検査の流れ

検査前日

検査の前日は当院から提供している検査食をお召し上がりください。夜20時以降は絶食となります。飲み物は水やお茶、スポーツドリンクのみ摂取することが可能です。就寝前には指定の下剤を内服して下さい。

検査当日の朝

検査日当日も食事は摂らず、水やお茶・スポーツドリンクのみ飲むようにして下さい。ご来院頂いた後、院内で下剤を飲んで腸内を綺麗にします。便の状態がほぼ水状になったら大腸カメラ検査を実施します。

検査実施

検査着に着替えてから大腸カメラ検査を行います。鎮静剤使用をご希望の場合には、注射用の針を腕の血管に留置し鎮静剤を投与します。検査に掛かる所要時間はおおよそ20分程ですが、ポリープの有無や観察状況によって時間は変動します。
※鎮静剤の使用を希望される方は、検査後に車の運転はできないためご注意下さい。

検査後

リカバリールームにて休息を取って頂いた後、実際の画像を見せながら医師から検査後の所見説明を行います。組織検査やポリープ切除を行った場合には、後日来院頂き結果説明を実施致します。

icon大腸カメラ検査で発見できる疾患

大腸カメラ検査では、以下の疾患を発見することができます。

・大腸がん
・大腸ポリープ
・潰瘍性大腸炎
・クローン病
・大腸憩室出血
・感染性腸炎
・虚血性腸炎
(※上記はあくまでも一例です。)

これらの疾患はいずれも早期発見・早期治療が重要です。中でも「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」は厚生労働省から難病指定を受けている疾患であるため、発見が遅れた場合には治療が特に困難となります。少しでも症状に心当たりがある方や、「自分は何かの病気かも・・・」と不安を抱えている方は、できる限り早く大腸カメラ検査を受けましょう。

icon大腸カメラ検査の費用

大腸内視鏡ポリープ手術7000円〜10000円程度20000円〜30000円程度
検査内容 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 2000円程度 6000円程度
大腸カメラ検査+病理組織検査 3000円〜4000円程度 9000円〜12000円程度

iconよくあるご質問

Q.大腸カメラ検査は保険が適応されますか?

A.医師の診察を通し、大腸カメラ検査が必要と判断された場合には保険が適用されます。大腸カメラ検査の必要はないと医師が判断した上で、患者様の希望により大腸カメラ検査を行った場合には、保険適応となりません。

Q.大腸カメラ検査の費用はいくらですか?

A.詳細は上記の料金表をご覧下さい。

Q.大腸カメラ検査に掛かる時間はどれくらいですか?

A.観察上、大きな異変が無ければ20分~30分程で終了致します。

Q.大腸カメラ検査時に必要な持ち物はありますか?

A.特に患者様にお持ち頂く持ち物はありません。

Q.受診当日に大腸カメラ検査を受けることは可能ですか?

A.大腸カメラ検査は検査を受けるにあたって前処置を施す必要があるため、事前の診察受診が必要です。

大腸カメラ検査の予約

当院では24時間web予約に対応しています。大腸カメラ検査をご希望される場合には、検査日当日とは別に事前診察のご予約をお取りいただく必要があります。以下の予約システムより「大腸カメラ検査を受ける日時」と「事前診察を受ける日時」の予約を取得下さい。

Web診療予約